ブックメーカー(Bookmaker)とは|Bookies
 

ブックメーカーとは

ブックメーカーとは

 ブックメーカーとは、一言でいえば各国政府公認の賭元の事です。
 ブックメーカーと呼ばれる企業は世界中に数千社以上あると言われ、各国政府からの許可を得て サッカー、野球などのスポーツにカジノ、ポーカー、ロトなどのゲームを中心に他には政治、 為替相場、天気予報等など市場から賭けの対象となる物を探し出し各ブックメーカーごとにオッズを 付け主催出来る賭けの胴元の事です。
 そして各ブックメーカーは賭けを運営しているBetショップや TEL、FAXで受け付けていますがここ数年でインターネットの普及が進み、今では世界中から オンラインでの賭けを受け付けています。

 ブックメーカーはそれぞれの国の政府の出す厳しい条件をクリアしたブックメーカーだけが認可され、運営についても厳しい法律規制があるので、安心して利用する事が出来ます。
 ブックメーカーの歴史は非常に長く、上場している企業や世界中の街角にBetショップを何箇所も展開している 会社、社歴数十年の歴史を誇る会社、就職人気率の非常に高い会社、社員数千人を雇用している会社など 優良な企業が非常に多く、ブックメーカー産業として確実に確立された大きな産業であるのです。

WilliamhillのBetショップと店内

サンプル

LadbrokesのBetショップと店内

サンプル

 ブックメーカーはF1など世界的に大きな大会になると移動Betショップを各会場に展開し大会を 盛り上げます。日本で言う所の宝クジやパチンコ感覚と言った所でしょうか。
 ここ最近ですと、アメリカ大統領選挙にてオバマ氏に対して○○倍のオッズが付けられただとか ガンバ大阪 vs マンチェスターユナイテッドの試合でマンユーに○○倍のオッズが付いたなど、ニュースやスポーツ番組でブックメーカーの紹介と共にオッズが報道されています。
 ブックメーカーの歴史は非常に長く、上場している企業や世界中の街角にBetショップを何箇所も展開している 会社、社歴数十年の歴史を誇る会社、就職人気率の非常に高い会社、社員数千人を雇用している会社など 優良な企業が非常に多く、ブックメーカー産業として確実に確立された大きな産業であるのです。

ブックメーカーの特徴

 ブックメーカーの特徴とも言えるのが、オッズの付け方です。
 ブックメーカー・システムと言われ、お客を相手に的中払戻金の倍率をあらかじめ約束しておき 総売上金や的中した人数には関係なく約束の倍率で支払います。
 このシステムは、ブックメーカーにとって大儲けする事がある反面、大損の危険もあります。日本のギャンブル 競馬、競輪、競艇などは集まった資金から運営元の手数料を引き、投票数で頭割りをしたオッズを 提供します。
 自分がBetした後オッズが変動すれば自分にも影響があり、最終締め切りのオッズで 払い戻しされますが、ブックメーカー方式は自分がBetした時点のオッズが自分にとっての 確定オッズとなりますので、Betした後、オッズが変動しても自分には一切影響がありません。 賭ける側にはかなり有利な方式と言えるのではないでしょうか。
 ブックメーカーに日本から参加する際の法律の問題ですが、違法ではありません。
 ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなど多くの西欧諸国では株式上場企業を含む多くの企業が 各国政府の事業許可を受けて事業の運営を行っています。 各国の事業許可を受けて 運営していると言う事はもちろん合法と言う事です。
 オンラインベットに関しては賭けする側(ユーザー側)の国の法律によって左右されます。
 では、日本はと言うと賭博は御法度の国です。日本で「のみ行為」を行えば賭場を提供した側と された側(賭けた人)の両方が法律で処罰されます。
 しかし、オンラインベットに関しての法律規制は ありません。それにブックメーカーは海外で、各国の法律で認可され合法化されていますので 賭けを提供した側は合法。賭けた側も日本の法律で規制されていませんので 法律的に問題はありません。

テンプレートのpondt

  Bookmark and Share